老後の生活を楽しくする趣味はじめ

趣味は生きがい!老後の人生は時間にして10万時間にもなると言います。そんな老後を趣味を通じて仲間や友達を作り、生きがいを持って楽しい老後にしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


とんぼ玉を集めて楽しむ趣味


とんぼ玉を集める趣味の楽しみ方は・・・


とんぼ玉コレクション趣味は、とんぼ玉を集めていく過程と集めたとんぼ玉をどのようにコレクションしていくのかを楽しむ趣味です。

とんぼ玉は、手作りのガラス玉なので、人それぞれの工夫がなされ、創作とんぼ玉が多々あります。

そこで、好きな作家さんのとんぼ玉を収集して楽しむ事も出来ますし、まずは単純に好きなとんぼ玉、キレイなとんぼ玉を収集していくのも良いでしょう。

また、とんぼ玉の歴史は古く、日本においても、奈良時代には製法が伝えられて、国内で生産されていたと考えられていますし、江戸時代中期には『とんぼ玉』の名称が一般的に使われていたと言われます。

エジプトでは、ガラスの発明からすぐの時代に発見されており、古くから製法が知れていたと言われます。そんな歴史的な背景から、とんぼ玉には、古代とんぼ玉といわれるものまであるので、収集を古代とんぼ玉にしても良いでしょう。





とんぼ玉集めの魅力

とんぼ玉は、一つ一つが手作りの為、同じものが2つと無いのが魅力です。

とんぼ玉の模様は、色々なタイプがあり、それらの模様をどのようにコレクションにしていくかも面白さの一つでしょう。

とんぼ玉は、ありとあらゆる技法を凝らして、装飾玉が創られているのが魅力であり、それらを使って、かんざしや根付け、帯止めなどとして広く装飾品として生まれる魅力もあります。

古代では『とんぼ玉』は、宝石以上に人々を魅了し、装飾品や魔除けなどとして用いられた歴史もあります。



とんぼ玉集めの楽しみ方

とんぼ玉を収集し始める時は、まずは自分の目に止まった、『美しい』『可愛い』と思うとんぼ玉を収集していくのが、まずは基本であり、一番楽しいコレクションになります。

そして、コレクションをしていく中で、段々と集まってきたら自分なりにカテゴリ別にコレクションしても楽しくなります。

まずは産地などがあります。アフリカで見られるガラス製とんぼ玉の産地は、ベネチア、チェコ、オランダ、ドイツなどのヨーロッパ産。アフリカ産では、モーリタニアやガーナなどがります。

古い時代のものだと、中近東や地中海沿岸地域のものなどがあります。製法の違いなどもありますし、時代で分類する事も出来ます。

もちろん作家さんなどでも分けられるように、広さと時代の奥深さの魅力を持っているのが、とんぼ玉の魅力であり、それらを収集する楽しみも、比例して広さと奥深さがあるのが楽しみでもあります。



とんぼ玉集めの始め方

とんぼ玉を収集するのに、古代とんぼ玉といわれるアンティークの高価なものや、現代作家さんのものでも、人気のあるものは値が張ったりします。

コレクションとしてはこれらのとんぼ玉がやはり魅力的ではあります。

ただ、いきなり高価なとんぼ玉を集めるよりは、安価でも素敵なとんぼ玉も沢山あるので、まずは安価なとんぼ玉を収集して、とんぼ玉の魅力に触れてみるのが良いでしょう。

とんぼ玉は、宝石にも劣らない美しさや、人を惹きつけて虜にしてしまうような魅力があるので、まずは安価なとんぼ玉をコレクションし始めるのが良いです。

スポンサーサイト
トラックバック:0 | とんぼ玉を集めて楽しむ |TOP




| TOPページへ戻る|

ランキング

ランキングに参加しています。少しは参考になったと思ったら応援クリックを一日一回お願いします。

 

趣味に活かせるスクール情報!資料は無料

プラモデルなどで楽しむ趣味に

音楽趣味の人!無料体験です

かなり便利な楽天カード

老後の保険の見直し

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。