老後の生活を楽しくする趣味はじめ

趣味は生きがい!老後の人生は時間にして10万時間にもなると言います。そんな老後を趣味を通じて仲間や友達を作り、生きがいを持って楽しい老後にしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


歴史小説を読んで楽しむ趣味


歴史小説を読む趣味の楽しみ方は・・・



歴史小説を読む趣味は、主要な登場人物が歴史上に実在した人物なので、そのリアリティを感じられるのが楽しい趣味です。

小説として読み物としての楽しさはもちろんながら、その時代に起きえた史実を元に作品が描かれているので、その時代を体感できているような面白さが味わえるのです。

一概に歴史小説といっても、戦国時代や明治維新などの激動の時代を描いた作品から、平安、鎌倉、室町時代を題材にした古き時代を紐解いた作品まで色々とあります。

歴史小説の魅力は、例えば戦国武将の内容であれば、現在もその城跡があったり、明治維新の内容であれば、坂本竜馬や高杉晋作など写真があるので、物語と実際の映像が自分の頭の中で上手く調和して、小説の中の物語をよりリアリティに楽しめる事です。

すべてが空想の物語ではなく、実際に実在した人物や、起こった事実を元に作品が描かれてるところが歴史小説の面白いところです。

日本の歴史小説はもちろんの事、世界の歴史小説を読む事で、楽しみながら歴史を学べるのも歴史小説を読む趣味の魅力です。




歴史小説を読む魅力

歴史小説の魅力は、史実であるが故の感慨深いところです。実際にいた人や行なわれた事実を元に物語があるので、物語であってもそこには現実にあった事という魅力が常にあるのです。

そして事実と事実の間には、作家自身が埋めなければいけない創作、想像の部分があり、その整合性が面白味を作り出してくれます。

主人公である人物が何を考え、一字一句何を言ったかなど解りません。しかしそこを作家が考えうる物語として出来上がっているので、同じテーマを元に書かれた歴史小説であっても、作者が変わればニアンスが変わるところも読んでいて面白いところです。

歴史小説は、読んでいく中で中で、自分がその時代を生きていたかのような感覚が持てるのも、面白く魅力的なところです。




歴史小説を読む楽しみ方

歴史小説の楽しいところは、まずはその小説自体が持つ、小説としての楽しみがあるのはもちろんです。

なので好きな作家さんが出来たりがあります。しかしここまでは他の小説と同じ楽しさです。

歴史小説の楽しさは、その時代の事実を元に書かれているので、読んでいる小説の裏の世界や別の世界もある!ということが楽しめる事です。

例えば、織田信長の歴史小説を読み、織田信長側からの物語で、今川義元を桶狭間で討ち、その後も、浅井・朝倉を討ち、武田信玄との戦い、その中には、後の豊臣秀吉の木下藤吉郎が出てきて、明智光秀に本能寺の変で・・・と物語があります。

これは織田信長から読んだ世界です。しかし歴史小説は史実なので、もう別の世界もあるのです。

つまりは、今川義元を主人公にした歴史小説もありますし、浅井長政が主人公もあります。武田信玄もあれば、豊臣秀吉もあり、明智光秀の歴史小説もあります。

歴史小説の楽しさは、同じ時代であれば、色々な作品がすべて絡み合っているのが、最大の楽しさです。

歴史小説は、色々な作品を読めば読むほど、その世界観が広がるので、面白さは尽きず魅力一杯の楽しさがあります。



歴史小説を読む始め方

歴史小説は、ひとつのブームの様に沢山の作品があります。

つまりは、自分の興味のある時代から選べば良いのです。興味が起こる時代であれば、まず間違いなく関連の歴史小説はあるはずです。

歴史小説は、一回読んで他の小説を読んで又読むと、時代背景がより解っていると益々面白くなるので、同じ時代を沢山読んだ方が面白いと思います。

スポンサーサイト
トラックバック:0 | 歴史小説を読んで楽しむ |TOP


竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。

坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。

かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。

竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。 (内容紹介から)




竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)


トラックバック(*) | 坂本竜馬 |TOP


高杉晋作(上) (講談社文庫)

青春の客気、人間の魅力。

幕末小説の傑作!吉田松陰の教えをうけ、維新革命に尽瘁し、28歳で世を去った高杉晋作。

傑出した人間の型破りの美しさを描き切った新しい青春の幕末。

断然面白い歴史小説の誕生(内容紹介から)





高杉晋作(上) (講談社文庫)


トラックバック(*) | 高杉晋作 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

ランキング

ランキングに参加しています。少しは参考になったと思ったら応援クリックを一日一回お願いします。

 

趣味に活かせるスクール情報!資料は無料

プラモデルなどで楽しむ趣味に

音楽趣味の人!無料体験です

かなり便利な楽天カード

老後の保険の見直し

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。