老後の生活を楽しくする趣味はじめ

趣味は生きがい!老後の人生は時間にして10万時間にもなると言います。そんな老後を趣味を通じて仲間や友達を作り、生きがいを持って楽しい老後にしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


水彩画を描いて楽しむ趣味


水彩画を描く趣味の楽しみ方は・・・



水彩画趣味は、水彩画の技法を使って水彩画を描く事を楽しむ趣味です。

水彩画の絵の具には、透明水彩絵具と、不透明絵具があります。透明水彩絵具は、一度塗ったところに別の色を塗ると、下の色も透けて見えるのが特徴です。

この透明感をあえて生かす、下書きの鉛筆などの線も生かした描き方をして、より味わい深い絵画を楽しめるのです。

透明水彩は味わい深い絵画ですが、反面、不透明水彩にはない難しさがあります。はみ出してしまうと、透明感のある絵の具なので修正が難しいのです。

そこではみ出さない様に、しっかりとゆっくりと描き上げていきます。

不透明絵具には、不透明絵具の魅力があるので、色々な楽しみ方が出来るのが、水彩画の魅力でもあります。

小学生の頃に画用紙をべったり塗り込んだ絵とは違い、洒落た大人の絵を楽しめるのが魅力です。水彩画の画材は、揃えるのも安価ですし、ポピュラーな絵画なので簡単に揃える事が出来ます。

多くの人は、子供の頃に親しんだことのある絵画なので、敷居も低く気楽に始められる趣味です。







水彩画を描く魅力

・一番は手軽さ
・透明水彩絵具は、小学生の水彩画とは違って、大人の水彩画を表現できる
・色を重ねたところが透けて下の色が出てきます
・にじみ加減などを調節しながら 複雑な色合いを出せる
・道具箱もそんなに大きくなく それほど重くもない
・屋外でも気楽に持ち運びできる
・油絵と比べると、匂いもなく、乾きやすく短時間で描ける

水彩画は、気楽に始められる絵画と言われます。確かに幼い頃から馴染みがあるので、始めやすい絵画趣味になります。



水彩画を描く楽しみ方

水彩画の楽しみ方は、自宅やアトリエでゆっくり時間を掛けて、ひとつの作品を味わいながら描く方法や、山や海、街に出かけて数時間でひとつの作品を描く楽しみ方。もしくはハガキほどの水彩用紙を持ち歩き、気に入った風景を感性のままに15分ほどで描き上げてしまう楽しみ方があります。

自宅で一つの作品を集中して思いを込めて描き上げる『描く楽しみ方』を基本的に楽しみながらも、散歩の時に、小さな折りたたみイスと水彩画セットをリュックに忍ばせて、気に入った風景を見つけては気楽に描けてしまうのも魅力の一つです。

難しい事を考えずに、感じたままに描くのも水彩画ですし、段々高度なテクニックを勉強して、コンテストなどに応募していくのも、趣味としての水彩画の楽しみ方の一つです。

自分のスタイルに合わせて楽しめるのが水彩画の良い所です。

水彩画は、絵具を水で薄めて描いていくので、透明感のある絵を楽しむ事ができます。淡く美しく優しさのある絵などを楽しみましょう。用具も手軽なもので良く、簡単に始める事が可能ながら、その魅力は尽きる事の無い面白さがあります。

反面、水彩画の難しさもあります。透明感のある絵の為、描き直しが難い事があります。

油絵は、描いた上から再度絵具を重ねていけば修正は出来ますが、水彩画は簡単に絵具を重ねれば良い訳ではないので、そこが難しさになります。

下色が濃い色だと修正は難しくなります。だからしっかりとはみ出さない様に描かなければいけないので、水彩画は難しくもありながら、魅力的な奥深い絵画趣味になります。



水彩画を描く始め方
自宅で簡単に始める事が出来ます。水彩画の始め方は、画用紙と水彩画の絵の具や筆などがあればそれだけでOKです。

水彩画は、高価な道具や特別な用具を用意しなくても大丈夫なので、自宅に子供の絵の具箱があればすぐにでも始めてみるのが良いでしょう。

あれ!絵を描くのってこんなに楽しかったかなと思うかも知れませんね。

自宅になければ用意しなければいけませんが、個別に揃えるのは大変なので、簡単なのは『水彩画セット』で揃えてしまう事です。

セット内容によりますが、必要なものが大抵は揃っているので、道具に関しては、一番お手軽です。



スポンサーサイト
トラックバック:0 | 水彩画を描いて楽しむ |TOP




| TOPページへ戻る|

ランキング

ランキングに参加しています。少しは参考になったと思ったら応援クリックを一日一回お願いします。

 

趣味に活かせるスクール情報!資料は無料

プラモデルなどで楽しむ趣味に

音楽趣味の人!無料体験です

かなり便利な楽天カード

老後の保険の見直し

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。