老後の生活を楽しくする趣味はじめ

趣味は生きがい!老後の人生は時間にして10万時間にもなると言います。そんな老後を趣味を通じて仲間や友達を作り、生きがいを持って楽しい老後にしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


囲碁を対戦して楽しむ趣味


囲碁を対戦する趣味の楽しみ方は・・・



囲碁趣味は囲碁を覚えて、囲碁を打って対戦する事を楽しむ趣味です。

囲碁と将棋を比べて、囲碁は始め難く上達しやすく、将棋は始めやすく上達し難いと言われたりします。当たらずも遠からずで、囲碁は初心者が見ても何がなんだか解らないものです。

確かに、将棋は駒の動かしかたが解れば、後は相手の王様を取れば、勝ちになるんだという、ゲームの進行がイメージしやすいからですが、囲碁はゲームの内容が見ているだけでは全く解りません。

ここで、囲碁のゲーム内容をイメージし難い為に、始める前から囲碁を諦めてしまう人がいますが、何とも勿体ない事です。

囲碁は、始めこそ判りずらく感じますが、やり初めてしまって、ある程度ルールにも慣れてくると、”グッ”と面白味が湧いて来るゲームなのです。

ルールもとてもシンプルなので、『囲碁を始めよう!』と思って、後は少しずつ『慣れ』だけで、囲碁趣味は始められます。

囲碁は入口こそ難しそうと思う人もいますが、やり始めるとその魅力が解ってくるので、まずは始めるという事で、入口を突破してみて下さい。




囲碁を対戦する魅力

・ルールはシンプル、だけど奥深い勝負ごと
・準備は簡単で、審判もなく2人で楽しめますし、本があれば一人でも楽しむ事が出来る
・費用はほとんど掛からない
・老若男女、誰とでも楽しめて、ハンディも付けやすい
・世界70ヶ国以上で打たれてるので、海外の人とも打てる
・競技人口が多く、囲碁が打てる場所はたくさんある
・インターネット対戦も盛んで、自宅にいながら、誰とでも対戦できる
・あくまで自分の能力によって、勝敗が決するところ
・難しさ故の面白さ

囲碁の楽しさは、見ているだけでは解りません。考えて考えての対戦なので、自分で考えるからこそ面白いのです。



囲碁を対戦する楽しみ方

囲碁の楽しみ方は、いろいろありますが、まずは、単純に囲碁の勝負を楽しむ事です。囲碁をやる目的の多くは、この対戦を楽しむ事で、これが最大の楽しみでしょう。

それに続いて、”上達する”があります。やはり対戦をして、負けてばかりでは面白くありません。負ければ悔しいから、書籍などで勉強します。そうするとドンドン棋力は上がっていくものです。

始めは、30級で始めていたのが、段々と級が上がり、そして段になって行きます。この達成感は、やはり上達する楽しみです。

そして交流です。囲碁は対戦してこそ面白いので、それには相手が必要です。囲碁の対戦が出来る所に行くと、自然と仲間や友達は出来るものです。

囲碁を通じて仲間が出来るのは、ある意味、最大の楽しみです。



囲碁を対戦する始め方

基本中の基本ですが、本でルールなどを覚えるのが一番だと思います。インターネットなどでも簡単に調べられますが、インターネットでは無料の囲碁の対戦をして、片手には本を持って見ながら対戦をした方が上達は早いと思います。

本の良い所は、読むだけでなく、気になった所はマーキング出来るので、覚えるのも早くなります。

書籍で、基本のルールや最低限の打ち方を覚えて、後はインターネットで対戦やTVゲームなどで対戦をして覚えるのが良いでしょう。


スポンサーサイト
トラックバック:0 | 囲碁を対戦して楽しむ |TOP




| TOPページへ戻る|

ランキング

ランキングに参加しています。少しは参考になったと思ったら応援クリックを一日一回お願いします。

 

趣味に活かせるスクール情報!資料は無料

プラモデルなどで楽しむ趣味に

音楽趣味の人!無料体験です

かなり便利な楽天カード

老後の保険の見直し

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。