老後の生活を楽しくする趣味はじめ

趣味は生きがい!老後の人生は時間にして10万時間にもなると言います。そんな老後を趣味を通じて仲間や友達を作り、生きがいを持って楽しい老後にしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


川釣りを楽しむ趣味


川釣りを楽しむ趣味の楽しみ方は・・・


川や沼、池や湖などの淡水魚をメインに、釣りを楽しむ趣味です。

日本の川釣りの魅力は、これほどの多種の淡水魚が生息し、しかも手軽に釣れる環境を持つ国は、他には余り例を見ない事です。

それは、上流の山間部から河口の平野までの距離が短い、日本特有の地形によるところが大きいのです。

折角このような素晴らしい環境の日本に住んでいるのですから楽しい川釣りを始めましょう。

魚の住む場所は、大きく分けて海水と淡水に分けられますが、川釣り趣味は、大きな意味で淡水魚の釣りです。

日本には約300種類もの淡水魚が棲んでいて、しかも手軽に釣れる環境を持つ国です。

川釣りを始めるのに、他に例を見ないほど恵まれていると言えます。同じ川であっても、上流と下流では釣れる魚も違いますし、色々な釣り方も楽しめるので、川釣りを満喫出来ます。




川釣りの魅力

・海釣りの剛に比べて繊細な釣りが楽しい
・行動範囲の狭い人でも、手軽にできる
・バスとのとても力強いファイトを楽しむ事ができる
・美しい山々をバックにしながら釣りを楽しめる
・”心地よい風を感じながら、子供と一緒に釣りが出来たら”の親父の夢が叶う
・手軽な道具でも釣りが出来る

日本の川は、川の上流の渓流から下流の河口まで、色々な変化に富んでいるので、面白い釣りが出来ます。

日本のどこに住んでいようと、大抵は一時間圏内に釣りを楽しめる場所はあるものです。

つまり、身近に釣りを楽しめる場所があるのが、川釣り(淡水魚釣り)の魅力です。



川釣りの楽しみ方

川釣りの楽しさはお魚を釣ってこそです。川釣りと一口に言っても住宅地のすぐ側を流れる川から、人里離れた山の中の渓流釣りまで色々な釣り方があります。

いきなり渓流のヤマメやイワナなどを狙っても、装備も大変ですし、警戒心の強いお魚に無知な釣り人が行っても、相手にならないでしょう。(釣れないですよ)

しかし、そこは豊かな日本の川です。初心者でも十分に楽しませてくれるお魚さんはいるものです。

ハヤ(ウグイ)やヤマベ(ハエ)などは非常に釣りやすいお魚さんです。繁殖力も強く環境への適応性が強いので、大都市近郊でも元気に泳ぐ姿を見る事が出来る身近なお魚です。


生息域も中流から下流までと広く、身近で釣れるお魚です。ほとんどの場合、電車でも車でも小一時間のエリア圏内で釣る事ができる魚なので、釣り場まで渋滞に巻き込まれる事もないですし、道具もそれほどお金が掛からない釣りなので、休みの日にぷらっと子供と出かけるには最適な釣りです。

この様な身近で釣れるお魚さんも釣れれば楽しいです。または強烈なファイトを楽しみたいのであれば、ルアー釣りのバス釣りなども面白いです。

逆に小さなお魚さんを相手にするクチボソ釣りや、はたまたテナガエビなどの釣りもとても楽しい釣りになります。



川釣りの始め方


川釣りは簡単な道具類で始める事が出来ます。

清流や渓流竿のハヤ釣りに適した竿と仕掛け類だけでOKです。エサは川虫でも良いですし、釣具屋さんでサシエサを買って行くだけです。

竿は安い物を買うと、安物買いの銭・・・なって使い物にならないので、そこそこのレベルのものを買っておくと、他の釣りにも対応出来るので良いです。

仕掛けは市販のセットになっているものを買っておくと、竿にセットするだけなので初心者にも簡単です。

ただ、ウキなどは使い回しが出来るので毎回セットの仕掛けを買うと勿体ないので、初めだけセットの仕掛けにして、仕掛けの作り方が解ってきたら、針・ハリス・道糸・オモリ・ウキなどを個別に揃えていった方が良いでしょう。

道具も何も無くても釣りがしたい!ならマス釣り場がオススメです。手ぶらで行ってすべて貸してくれて、3000円前後で一日楽しめます。


スポンサーサイト
トラックバック:0 | 川の釣りを楽しむ |TOP




| TOPページへ戻る|

ランキング

ランキングに参加しています。少しは参考になったと思ったら応援クリックを一日一回お願いします。

 

趣味に活かせるスクール情報!資料は無料

プラモデルなどで楽しむ趣味に

音楽趣味の人!無料体験です

かなり便利な楽天カード

老後の保険の見直し

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。